各種公開講座

現在、当ネットワークの運営組織である、International Mindfulness Center Japanにて実施予定の公開講座についてご案内いたします。

2022年11月10日(木)Eric B. Loucks氏

Eric B. Loucks氏をお招きし、血圧コントロールにマインドフルネスが用いられる例など、マインドフルネスの医療領域への適用についてお話しいただきます。

タイトル 「(仮題)マインドフルネスに基づく血圧低減 “Mindfulness-Based Blood Pressure Reduction (MB-BP)”」
日時 2022年11月10日(木) 20:00-22:00 お申し込みフォームができしだい掲載します
スピーカー Eric B. Loucks

ブラウン大学のマインドフルネスセンターのディレクターとして、マインドフルネスに基づくプログラムを指導し、マインドフルネスの科学と健康や幸福への影響を調査するため、質の高い研究をリードしています。学生向けのマインドフルネスプログラム(Mindfulness Baesd College)やマインドフルネスに基づく血圧低減法(Mindfulness Based Blood Pressure Reduction)の開発リーダーであり、マインドフルネスに基づく介入の有効性を評価する研究を行ってきました。ハーバード大学、マギル大学、ブラウン大学で教職を歴任し、約25年間マインドフルネスを実践しています。

場所 Zoomによるウェビナー

  • URLは下記フォームよりお申込みいただいた方にお送りします
  • 録画、録音はご遠慮ください。
  • 入室時は、アルファベットで「名前+苗字」でご入室ください。お名前が確認できない場合、入室できない場合があります。
定員 50名程度
参加費 各回:一般 5,500円(税込み)

※IMCJのStudy Group会員習慣化コース受講者は月会費に含まれます。

言語 英語(日本語通訳付き)

 

過去のウェビナー

2022年10月23日(日)David Treleaven氏

David Treleaven氏をお招きし、「なぜトラウマ・センシティブなマインドフルネスが大切なのか 〜マインドフルネスを伝える全ての人に知っておいてほしいこと〜」と題し、マインドフルネス実践における配慮の重要性や、その方法について、体験的に学ぶセッションです。また、サポートとしてのトラウマ・センシティブ・マインドフルネスを学ぶコースについてもご紹介します。

タイトル 「なぜトラウマ・センシティブなマインドフルネスが大切なのか 〜マインドフルネスを伝える全ての人に知っておいてほしいこと〜」
日時 2022年10月23日(日) 11:30-12:15>>お申し込み
スピーカー David Treleaven氏

トラウマ・センシティブ・マインドフルネス開発者
David博士は、マインドフルネスとトラウマの交わる領域で活動する著作家であり教育者です。また、マインドフルネスをベースとした実践、介入、プログラムにおけるケアの基準を設定することを目的としたグループであるTSM(Trauma-Sensitive Mindfulness)コミュニティの創設者であり、高い評価を得ている新刊「Trauma-Sensitive Mindfulness」の著者でもあります。

場所 Zoomによるウェビナー

  • URLは下記フォームよりお申込みいただいた方にお送りします
  • 録画、録音はご遠慮ください。
  • 入室時は、アルファベットで「名前+苗字」でご入室ください。お名前が確認できない場合、入室できない場合があります。
定員 50名程度
参加費 各回:一般 3,300円(税込み)

※IMCJのStudy Group会員習慣化コース受講者は月会費に含まれます。

言語 英語(日本語通訳付き)

 

2022年8月 Willem Kuyken氏
2022年6月 藤野正寛氏
2022年4, 5月 Martine Batchelor
2022年3月 Dr. Fabrizio Didonna
2022年10, 12月 David Treleaven
2022年8月 Vidyamala Burch
2022年7月 Trish Bartley
2022年4月 Liz Lord
2022年2月 Zindel Segal